コーヒーフィールド

トップページ 商品カテゴリ ショッピングガイド プロフィール
商品カテゴリ
初めてのお客様へ
ストレート > ブラジル サントス No.2 カンジュク
商品詳細

ブラジル サントス No.2 カンジュク



※上記グラフはあくまでも個人的な感想です。また、ポイントが低いからおいしくないという意味ではありません。

クリックすると大きな画像が見られます。

世界一のコーヒー生産国のブラジルには多くの種類・銘柄・ブランドがあります。なかでもセラード地域で生育され収穫された高品質のアラビカコーヒーに対して、「アペラシオン・セラード」(セラードコーヒー)という呼称が、国際基準のもとでブラジル政府から正式に認証されており、高品質なコーヒーの代名詞として世界にその名を知られています。

この「KANJUKU」は、そのセラード地域のヴェラドール農園でコーヒー豆が樹で葡萄色になるまで完全に熟させてから収穫されているコーヒーです。樹で熟したコーヒー豆はきわめておいしいコーヒーとなり十分な甘み、コク、香り、自然の芳醇さを十二分に含んだ素晴らしいコーヒー豆となります。

コクがありながら後味がさっぱりしたコーヒーが好きなお客様や、酸味が多少苦手というお客様には特におすすめです。


おすすめ焙煎度:中煎り(ミディアムハイロースト)

ほぼ酸味がなくなり、甘み・苦み・コクのバランスがとれていて、豆の持つ独特な香りが引き立つ焙煎度合いに仕上げています。

これよりも浅煎りにしていくと多少酸味が出てきて、さっぱりとした飲み口になります。
また深煎りにしていくとさらにコクと苦みが際立ってきます。


100g: 670円 → 税込み: 723
250g: 1080円 → 税込み: 1166
500g: 1,850円 → 税込み: 1,998


商品名 ブラジル サントス No.2 カンジュク
原産地 ブラジル セラード地域 ヴェラドール農園
在庫数

生産者情報
生産国 ブラジル
農園 ペラドール農園
地域 ミナス・ジェライス州セラード地域
カルモド・パラナイーバ
生産者 ペローゾ家
標高 1,050m〜1,200m
精製方法 ナチュラル(Natural)
品種 カツアイ
グレード
収穫時期
 ペラドール農園は標高1,050m〜1,200mの高原地帯で、朝夕の寒暖の差が激しくコーヒー栽培に適した気候条件を備えています。雨量は通常、年に1,000〜2,000mmですが自然の気候は気まぐれで、時としてコーヒーの生育に必要な雨が降らないこともあります。しかしながら、ペラドール農園は充分な灌漑設備を備えています。ペラドール農園を経営しているペローゾ家は1840年代よりコーヒー栽培を始め、祖父、その子供、現在では三代目の孫の時代となっております。歴史と伝統に培われたコーヒー栽培技術は脈々と孫の代にも引き継がれており、品質管理は厳し過ぎる程実によく行なわれております。
 「KANJUKU」は樹上で完全に熟したコーヒー豆を布取りし天日で自然乾燥された後、更に干しあがった殻付の豆を最低45日はトゥーリャで甘味がしみ込むまで寝かされ、輸出の15〜20日前に脱穀・選別し、タイプを揃えてから海外に向け船積みされます。