コーヒーフィールド

トップページ 商品カテゴリ ショッピングガイド プロフィール
商品カテゴリ
初めてのお客様へ
ストレート > ブラジル トミオ・フクダ ブルボン
商品詳細

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン



※上記グラフはあくまでも個人的な感想です。また、ポイントが低いからおいしくないという意味ではありません。

クリックすると大きな画像が見られます。

世界一のコーヒー生産国のブラジルには多くの種類・銘柄・ブランドがあります。なかでもセラード地域で生育され収穫された高品質のアラビカコーヒーに対して、「アペラシオン・セラード」(セラードコーヒー)という呼称が、国際基準のもとでブラジル政府から正式に認証されており、高品質なコーヒーの代名詞として世界にその名を知られています。 「トミオ・フクダブルボン」を栽培するバウ農園はセラード地区の中でも恵まれた気候の元、日系2世のオーナーであるトミオ・フクダ氏自らがすべての工程を一貫して行っており、生産量を増やすことだけを考えるのではなく、品質を重視し安定した味作りを心がけて作られた、生産者の顔が見える安心の最高品質コーヒーです。

「トミオ・フクダブルボン」はコク、甘味、香り、すっきりとした風味、大変バランスのとれたとても素晴らしいコーヒーです。

バランスの良いコーヒーが好きなお客様や、酸味が多少苦手というお客様には特におすすめです。


おすすめ焙煎度:中煎り(ミディアムハイロースト)

ほぼ酸味がなくなり、甘み・苦み・コクのバランスがとれていて、豆の持つ独特な香りが引き立つ焙煎度合いに仕上げています。

これよりも浅煎りにしていくと多少酸味が出てきて、さっぱりとした飲み口になります。
また深煎りにしていくとさらにコクと苦みが際立ってきます。


100g: 700円 → 税込み: 756
250g: 1,120円 → 税込み: 1,209
500g: 1,990円 → 税込み: 2,149


商品名 ブラジル トミオ・フクダ ブルボン
原産地 ブラジル セラード地域 バウ農園
在庫数

生産者情報
生産国 ブラジル
農園 バウ農園
地域 ミナス・ジェライス州セラード地域
パトスデミナス
生産者 トミオ・フクダ
標高 1,100m
精製方法 ナチュラル(Natural)
品種 ブルボン
グレード スクリーン17/18
収穫時期 5月〜8月
 ミナスジェライス州/セラード地区/パトスデミナス付近標高約1,100mで生産されており、ブラジルでも標高の高い場所に位置します。この地域はセラードの中でも特に雨期と乾季がはっきりとしており、最もコーヒー栽培に適した気候となっています。
 オーナーのフクダトミオ氏は日本企業で数年間仕事に従事した経験から5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を徹底し、オーナー自らが常に農園に足を運び、農園自体や従業員の管理だけでなく、自ら木の状態を把握し、メンテナンス、管理までを行っています。
 また、使う人がいてこそ価値があると、生産量を増やすことだけを考えるのではなく、品質を重視し安定した味作りを心がけています。