コーヒーフィールド

トップページ 商品カテゴリ ショッピングガイド プロフィール
商品カテゴリ
初めてのお客様へ
ストレート > モカ マタリ クラシック
商品詳細

モカ マタリ クラシック



※上記グラフはあくまでも個人的な感想です。また、ポイントが低いからおいしくないという意味ではありません。

クリックすると大きな画像が見られます。

モカ・コーヒーは世界中で多くのコーヒー通に支持されております。紅海に面したイエメンの小さな港町「モカ港」から世界中にコーヒーが伝播していったことがネーミングの由来です。 「モカ マタリ クラシック」はハイマー族の人々により昔から大切に守られ、手摘みされたコーヒー豆をじっくりと時間をかけて天日乾燥された高級品です。

スパイシーで個性的な香り、軽い酸味とコクが調和した豊かな風味の逸品で、その上品で繊細な味と香りから「コーヒーの貴婦人」と呼ばれるほどです。

軽くて香りの良いコーヒーが好きなお客様や、モカ好きというお客様には特におすすめです。


おすすめ焙煎度:中煎り(ミディアムロースト)

ほぼ苦みなく、甘み・酸味・コクのバランスがとれていて、豆の持つ独特な香りが引き立つ焙煎度合いに仕上げています。

これよりも浅煎りにしていくと多少酸味が強く出てきて、さらにさっぱりとした飲み口になります。
また深煎りにしていくと酸味減り苦みが増えます。


100g: 820円   250g: 1,320円   500g: 2,240

商品名 モカ マタリ クラシック
標準価格
販売価格 1,320円
原産地 イエメン
在庫数

生産者情報
生産国 イエメン
農園
地域 サイヒ
生産者
標高 2,000m
精製方法 ナチュラル(Natural)
品種 原生種
グレード
収穫時期
 イエメンのコーヒーは急峻な山岳地(標高1,000m〜3,000m )の斜面を利用した段々畑やワジと呼ばれる涸れ谷周辺で栽培されます。 イエメンにはプランテーションのような大農園はありません。殆ど全て零細な農民により昔ながらの方法で栽培されております。
 農民は自分の畑の一部でコーヒーを作り、残りの部分で主食のヒエ、キビ、そして野菜などを作って自給自足の生活を送っています。 収穫されたコーヒーは10〜15日間天日乾燥されたあと、ハスクを取り除いて袋詰にされ、保管されます。
 イエメン産のコーヒーというのは、昔ながらの石臼での脱穀をするのですが、そのため割れ豆の混入率も高く、豆は小粒で不揃い、バラつきは豆のサイズだけにとどまらず、乾燥状態にもバラつきがあります。 「モカ マタリ クラシック」はこれらのばらつきが比較的少なく、年間を通して薫り高いコーヒーを楽しむ事が出来ます。